会社概要

会社概要

ご挨拶

代表取締役社長/CEO 犬伏裕之

代表取締役社長 / CEO犬伏裕之

東日本大震災で約2万人もの方々が犠牲になりました。その大多数が津波によって命を落としています。
このような地震・津波災害の犠牲者を減らすべく当社は創業しました。
私たちは地震の予知・予測の取組みを行い、マグニチュード7、8以上の地震を発生直後に判定する技術を完成させました。
大津波を生じるマグニチュード8クラスの地震であれば、10秒から22秒程度で判別と通報が可能です。 太平洋側に立地するプラント・工場・港湾施設・病院・学校等に、大津波が伴うマグニチュード8クラス地震を通報するサービス、「全国M7・M8瞬間通報」を普及させ、より安全な社会の実現に貢献してゆく所存です。

代表取締役社長/CEO犬伏裕之

  • 概要

    名称 みらい地震予測株式会社
    所在地 〒102-0082 東京都千代田区一番町6 相模屋本社ビル7F
    設立 2015年1月15日
    資本金 20,493,100円(資本準備金0円)2017年5月
    取締役 代表取締役社長/CEO
    犬伏裕之
    顧問 サイエンスアドバイザー 
    日置幸介
    事業内容 1.地震、津波等の災害に関する調査、研究、開発及び情報サービス
    2.危機管理マネジメント
    3.事業継続マネジメント(BCM)に関する構築支援及び整備支援
  • 沿革

    15年以上、個人の立場で「地震予知の実用化」を研究開発および企画検討を行ってきた当社CEOの犬伏の活動を以下に示します。

    1. 2000年7月

      大前研一氏主催アタッカーズビジネススクールにてビジネスプラン優秀賞受賞。
      (地震予測情報サービス事業)

    2. 2001年10月

      地震予測研究本格化の為電気通信大学大学院 電気通信学研究科博士課程入学。
      (以降6年間電気通信大学大学院に在籍し、地震予知実用化を目指す)

    3. 2004年8月

      日本MITエンタープライズフォーラム 第4回ビジネスプラン発表会(ハイテクベンチャー)で47件中のファイナリスト8件に入賞
      夜間気温の上昇をコア技術とした地震予測情報サービス事業

    4. 2012年10月

      函館にて北海道大学大学院教授・日置幸介氏と対話し地震予知の実用化で意気投合

    5. 2015年1月

      みらい地震予測株式会社設立。犬伏は代表取締役社長 兼CEOに就任
      北海道大学大学院教授・日置幸介氏 顧問(サイエンスアドバイザー)として参画

アクセス

みらい地震予測株式会社〒102-0082 東京都千代田区一番町6
相模屋本社ビル7F

Google mapで見る

電車でお越しの方

  • 地下鉄 半蔵門線「半蔵門駅」 5番出口から
    徒歩1分